スキンケアには保湿がきっかけ

何だかはわかっていても、実にその重要性について細かく理解していない方も多いのではないでしょうか。ここでは、保湿の重要性を肌のしくみとともに論評します。

保湿ケアはスキンケアの標準

保湿はスキンケアの基本ととことん言われますが、なぜなのでしょうか?肌がさまざまな原因によりダメージを受けると、水分を盛込み辛い状態になります。しかし保湿ケアを行うことで、肌が柔らかくなり、肌の障壁作用や保護役目を決めることができるのです。

逆に肌の潤いがなくなると、肌の障壁作用が低下し、肌トラブルや肌老化の原因になります。

健康な肌のケース、肌の角質には20~30%の水分が含まれています。こういう水分が20%を下回ると肌は乾燥やる状態になります。こういう角質の水分を持ち、肌から水分がなくならないようにするのが保湿ケアです。
脂っぽくても、乾燥やることがある

乾燥というと冬に起こりがちと考えるかもしれませんが、実は、肌はゼロ年内輪乾燥の非常時に見舞われていらっしゃる。湿度も激しく、皮脂の分泌が多い夏季でさえ乾燥やることが多いのです。汗でやたらするからと洗い過ぎてしまったり、逆に湿度が高い結果乾燥を捉えにくく、お手当てが手抜きになったりやる奴が上がるからです。

見た目肌の見た目は潤っているように感じる奴でも、内側は乾燥やる「消息筋乾き」というときの奴は少なくありません。

また、乾燥が脂性肌を招いてしまっている場合もあります。肌は極端に乾燥すると、肌自身が自ら潤いを生み出そうと、過剰に皮脂を分泌するからです。間違ったお手当てにより「オイリースキンドライ肌(OSD肌)」という状態に陥ってしまっている奴も増えているのです。脂性肌の場合でも、保湿はニーズです。
ポイントは、水分をつなぎとめる成分を補う事

保湿とは、文字通り湿気を保つ事です。つまり、「肌の水分を適度に保つ事」。健康な角質階層は20~30%以上の水分を含んであり、そっち下部は乾燥肌、15%以下になるとつっぱりインスピレーションが出てくると言われています。

角質階層の水分を守っているのは、「皮脂」「天然保湿条件」「セラミドなどの角質階層に居残る細胞日数脂質」の3つ。これらが共に助け合って肌の水分を保っているのです。その中でもセラミドは角質階層の水分の80%を続ける重要な保湿物質。保湿を練る上では、水分や栄養分分だけでなく、そういった水分をつなぎとめる成分を賄うことが大切なのです。ヴィタクトの効果参照サイト