下半身には、体全体のおよそ7割存在血液が集中しています

冷え性などで乗り物が冷えていると血行が悪くなり、全身にさまざまな影響をおよぼします。なんだか条件が悪かったり、お肌のくすみが気になる事、乗り物の寒気を改善することがキモとなるかもしれません。あんな乗り物の寒気を解消する3つのメソッドをご紹介します。

その① 乗り物をあたためる

乗り物が冷えてからあたためるのではなく、乗り物が冷えるより前に、靴下やレッグウォーマー、乗り物バック専門カイロなどで保温し、冷やさないようにしましょう。

靴下やレッグウォーマーの事、締めつけの力強いものでは血行が悪くなり、反対効果です。靴下を繰り返し履きするときには、締めつけが激しくならないよう気をつけてください。

爪先の寒気は、実は筋肉数量の少なくなるふく陣はぎゾーンから始まっている。そこから爪先に向かって血液がゆったり冷え、血管も収縮しているため、カイロは爪先をダイレクトあたためるよりも、足首かふく陣はぎを温めたほうが効果みたいです。

そうして乗り物が冷えないようにすることが必須ですが、もしも乗り物が冷えてしまった場合には、足湯や湯たんぽ、カイロが効果みたいです。足湯では、42℃くらいのお湯に15分くらいが目標です。途中で熱いお湯を足すなどして、冷めないように気を付けて下さい。すでに冷えてしまった乗り物に靴下を繰り返し履きしてもどうも温まらないものですが、外から高熱を届けると、収縮していた血管が次第に拡張して、じわじわと温まります。ラメラエッセンスCの効果的な使い方